ホテル予約はいつから可能?おすすめの予約タイミングと方法を紹介

ホテルを予約するタイミングで悩むことがありますよね。

予約するタイミングで値段が変わりますが、早めに予約することをおすすめします。

 

なぜなら、ほとんどのケースでキャンセル料が発生するのは宿泊直前からだからです。値段が安くなれば予約をキャンセルをして、新しく予約し直せば問題ありません。

 

私もホテルを予約するときは、とりあえず確保するケースがあります。特に人気ホテルや旅館に宿泊する場合は空いていたら確保します。

 

結論、気になったタイミングで仮でも予約して、定期的にホテルの価格変動をチェックすることが重要です。

この記事では「ホテルを予約はいつからできるのか」や「おすすめの予約タイミングと方法」を紹介していきます。

 

ぜひこの記事を読んでホテル予約のタイミングや安く予約するコツを理解して、お得にホテル宿泊をしてください!

 

この記事でわかること 
・ホテルの予約はいつから開始されるのか
・おすすめの予約タイミング
・早期に予約するときに注意しておきたいこと

ホテルの予約はいつからできる?

 

海外渡航の受付イメージ

 

ホテルの予約開始が出来る時期に決まりはありません。そのため、各ホテルが予約開始タイミングを独自に決めています。

多くのホテルでは、1年や半年、3か月前から予約受付を開始しています。

 

主要ホテルの予約開始時期

 

どのくらい先まで予約ができるのか、いくつかのホテルで確認してみました。

 

ビジネスホテルの場合

 

公式サイトをチェックしてみました。

ドーミーイン:1年先まで予約可能
東横イン:会員は6か月先、一般は3か月先まで予約可能
ルートイン:8か月先まで予約可能

 

高級ホテル(ラグジュアリーホテル)の場合

 

各ホテルの公式サイトに明確な記載がなかったので、予約サイトの一休で予約できる範囲を確認しました。

シェラトン都ホテル東京:3か月先まで予約可能
ANAインターコンチネンタルホテル東京:1年先まで予約可能
ザ・リッツ・カールトン東京:3か月先まで予約可能

このようにホテルごとに、どのくらい先まで予約できるかは異なっています。

泊まりたいホテルが決まっていれば、公式サイトでチェックしてみましょう。

 

ホテルを予約するおすすめのタイミング

 

 

ホテルの予約するベストタイミングは「今」です。

 

それは、他に気になるホテルや値段が安くなったら、予約をキャンセルすれば良いからです。

ホテルに宿泊する予定があるなら、とりあえず予約をしておくことをおすすめします。

 

多くのホテルでは、キャンセル料が発生するのは宿泊の直前からのことが多いです。

各系列ホテルのキャンセルポリシーを抜粋したので、参考にしてください。

ビジネスホテル100%50%20%0%
東横イン当日16時以降なしなし当日16時まで
アパホテル当日前日なし2日前まで
ドーミーイン当日前日なし2日前まで
ルートイン当日前日2日~3日前まで4日前まで
ラグジュアリーホテル100%50%20%0%
シェラトンホテル2日前15時以降なしなし2日前15時まで
ヒルトンホテル当日なしなし前日まで
ハイアットホテル2日前なしなし3日前まで

※2021年3月時点の情報

 

2~4日前からキャンセル料が発生することがありますが、1週間前くらいまでに判断しておけば安心ですね。ただ公式サイトではなく予約サイト経由の場合は、予約サイトのポリシーに依存するので注意してください。

 

キャンセル料が掛からない状況なら、予約して仮確保することは問題ありません。時間が経って、値段が安くなったら一度キャンセルして予約しなおせばいいだけです。気にせず、予約しましょう。

 

安く予約したい方へのアドバイス

 

より安く予約をしたい場合は、ホテルの公式サイトではなく楽天トラベル一休などの予約サイトを利用するようにしましょう。

 

各予約サイトでは、定期的にキャンペーンやクーポン配布などお得に予約できるタイミングがあります。

楽天トラベルでは、5と0が付く日限定でクーポン利用ができるキャンペーンをやっています。(クーポンが利用できるホテルは指定されています)

 

安いホテルを予約したいときにおすすめの予約サイトを、格安のホテルや旅館の調べ方【おすすめ予約サイトを紹介】で紹介しています。

お得に予約したい方はチェックしてください!

 

人気ホテルを予約するときのアドバイス

 

人気のホテルを予約するとき、あっという間に予約が埋まってしまうことがあります。

ホテルの公式サイトで、どのくらい先まで予約ができるのか(予約開始時期)を確認し、予約が開始されるタイミングで確保しましょう。

ただ、それでも予約が取れない場合があります。

 

そんな時は一休を活用しましょう。

 

一休では空室待ちが出来ます。キャンセルが出て空きが出たら連絡がもらえるので予約できる確率を上げられます。

ぜひ活用してください。

 

早期予約をするときの注意点

 

 

早めにホテルを予約するときに注意しておきたい点を紹介していきます。

 

キャンセルポリシーをチェックする

 

早めに予約をする場合、早割キャンペーンでお得に予約をすることが出来る場合があります。

ただ早割キャンペーンのようなお得なキャンペーンでは、予約したタイミングからキャンセル料が発生することが多いです。

 

通常のプランでなく、早割などのお得なプランで予約する場合は、必ずキャンペーンポリシーをチェックしてください。

実際に一休の早割プランをチェックしたら、予約時からキャンセル料が発生すると注意書きがありました。

 

万が一キャンセルが発生してしまった場合は、キャンセルしたい予約を売買できるサイトがあります。

気になる方は、以下の記事を読んでください。

 

 

予約していることを忘れない

 

「とりあえず予約した」のような仮確保の状態だと、予約していたこと自体を忘れる可能性があります。

 

キャンセル料が発生するまでに「行く」か「行かない」かを判断するつもりで予約したのに、気が付いたらキャンセル料が発生する状況だったということは避けなければいけません。

 

仮で予約するときは、必ずカレンダーにメモしておくなど、忘れないように対策をしてください!

 

まとめ:キャンセル料が発生しないなら『すぐに予約して仮確保をしよう』

 

どのくらい先まで予約できるかはホテルごとに決められています。

ホテルごとに予約できる日程が変わるので、詳細は公式サイトや予約サイトで情報をチェックしてみましょう。

 

人気ホテルの場合は、すぐに埋まってしまう可能性もあります。直前までキャンセル料が掛からないプランがあれば、すぐに予約をしておくことがおすすめです。

仮にキャンセルしたいと思ったら、キャンセル料が発生する前までにキャンセルすれば何も問題はありません。

直前になったら安くなる場合もありますが、逆に値段が上がることもあります。お得なプランが出たらキャンセルして予約し直せば良いだけなので、気にせず予約して確保しておきましょう!

 

ただ早く予約する場合、早割プランなどのお得なキャンペーンでは予約直後からキャンセル料が発生することがあります。お得なプランで予約する場合はキャンセルポリシーに注意をしてください。

 

また安くホテルを予約したい方は、予約サイトを複数チェックして一番安いサイト経由で予約をしましょう。

おすすめの予約サイトは、格安のホテルや旅館の調べ方【おすすめ予約サイトを紹介】で紹介していますので、チェックしてください。

 

泊まりたいホテルをお得に予約して、素敵なホテル宿泊を楽しんでください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ホテルの予約はいつから
最新情報をチェックしよう!