【キャンセル待ちしたい人必見】ホテルや旅館のキャンセルを狙う方法

泊まりたいホテルがあるのに予約がいっぱいで困っていませんか。

でも予約を諦めるのは、まだ早いです。

 

なぜなら、ホテルや旅館の予約はキャンセルが発生することが多いからです。キャンセルが出たときにすぐに予約すれば、泊まりたいホテルを確保できます。

 

この記事では、予約が埋まっているホテルのキャンセル待ちをする方法を紹介します。

この記事を読むことでホテルのキャンセルをいち早く察知して、予約を取るチャンスを多くつかむことができます。

 

方法は3つのサイトを活用するだけです。具体的なサイトを紹介していきますので、諦めずにキャンセル待ちを狙っていきましょう!

 

この記事でわかること 
・キャンセル待ちをすることは現実的なのか
・キャンセルが出やすいタイミング
・キャンセル待ちができるサイト

 

ホテル予約がキャンセルされる確率

 

キャンセル待ちをするにしても、キャンセルされる可能性がなければやる必要はないですよね。

 

実際にどのくらいの割合でキャンセルが発生するのかを調査したデータがあります。

Global-Cancellation-Rate-of-Hotel

引用:Hospitality Technology

日本国内ではなく世界での統計データですが、オンラインサイト経由で予約したホテルの約4割がキャンセルをされていることが調査結果で発表されました。

つまり、予約されても半分くらいはキャンセルされているのです。

 

あなたもホテルを予約するときに複数のホテルを予約して、最終的にどちらかに絞ったことはありませんか。

予約困難な人気ホテルや旅館の場合は、なかなかキャンセルが出ないこともありますが、4割程度はキャンセルされていることから、予約が埋まっていても諦める必要はないことは理解できたのではないでしょうか。

 

キャンセル待ちって現実的なのか

 

泊まりたいホテルがあるなら、キャンセル待ちはするべきです。

キャンセル待ちはお金が掛からないので、泊まりたいホテルがあるならチャレンジしてください。

 

複数のホテルを予約して直前でキャンセルする人もいますし、人気のホテルなら行けるかわからないけど予約だけして、予定を調整できなかったらキャンセルする人もいます。

また直前になると、体調不良や急用が入ってキャンセルってパターンもあります。

 

ただ確実にキャンセルが出る保証はないですし、キャンセルが出たとしても確実に取れる保証もないことは理解しておく必要があります。

旅行などで宿泊が必要なときは、必ず別のホテルを確保しておきましょう。

 

他のホテルを予約するときは、キャンセル料が直前まで掛からないホテルにすることをおすすめします。

お目当てのホテルにキャンセルが出るのが宿泊日直前になることもあるので、直前までキャンセルできるホテルを選びましょう。

 

キャンセル待ちをする方法

 

ホテルのキャンセル待ちをする方法は、大きく分けて次の2つの方法があります。

・自分自身で空室チェックをする
・キャンセル待ちができるサイトを利用する

 

それぞれを紹介していきます。

 

自分自身で空室チェックをする

 

公式サイトや楽天トラベルなどの予約サイトを定期的にチェックして、空室になっていれば予約をする方法です。

 

この方法は、多くの人がやる方法です。

労力は掛かりますが、空室が出ていれば確実に確保できる方法です。

 

自分自身でチェックするときは、以下のポイントを覚えておきましょう。

空室チェックをするときのポイント

・こまめに予約サイトをチェックする
・チェックする予約サイトは2サイトでOK
・ホテルのキャンセル料が発生する直前を狙う
・前日まであきらめない。体調不良や急用でキャンセルもある

 

こまめに予約サイトをチェックする

 

最低でも1日1回はチェックしておくことをおすすめします。

 

人気ホテルの予約や、ライブなどのイベント日で多くの人が予約するときは、ほかの人も空室チェックしている可能性があります。

こまめにチェックしてください。

 

チェックする予約サイトは2サイトでOK

 

予約サイトは「楽天トラベル」「じゃらん」「JTB」「一休」「Yahoo!トラベル」「エクスペディア」など、たくさんあります。

他にもサイトはありますので、全部チェックするのはかなりしんどいですよね。

 

実は予約サイトごとに空室状況が変わることはあまりないので、1~2個の予約サイトをチェックしておけば十分です。

普段使っているサイトでチェックするようにして、予約が空いたらすぐに確保をしましょう。

 

ホテルのキャンセル料が発生する直前を狙う

 

多くの人はキャンセル料を払いたくないので、キャンセル料が発生する日までにキャンセルをします。

 

キャンセル料が何日前から発生するかはホテルが決めるため、ホテルや旅館のキャンセルポリシーをチェックして、その数日前からは頻繁にチェックするようにしましょう。

 

前日まであきらめない。体調不良や急用でキャンセルもある

 

どうしても行きたいホテルの場合は、前日や当日も確認しましょう。

体調不良や急用でキャンセルが出ることもあります。ギリギリまでチェックしてみましょう。

 

別のホテルを予約している場合は、あなた自身もキャンセル料が発生してしまうので注意してください。

 

キャンセル待ちができるサイトを利用する

 

自分自身でキャンセル待ちをするには労力と時間がかかるので、キャンセルが出たことを知らせてくれると嬉しいですよね。

そんなキャンセル待ち向けのサイトがあるので、おすすめのサイトを3つ紹介していきます。

 

Cansell

 

Cansellは、宿泊予約の売買サービスをしています。

Cansellのイメージ

引用:Cansell公式サイト

 

予約していたホテルや旅館に行けなくなったときに、キャンセルしたい予約を買ってくれる人を探すサイトです。

つまり、キャンセルされる予約を買うことができます。

 

基本的にキャンセル料が発生する状況での出品になるので直前の日程であることもありますが、早割りプランなど予約段階からキャンセル料が発生する予約のキャンセル出品もあります。

 

Cansellには出品通知機能があるので、予約したいホテルを登録しておくことで出品されたら通知を受け取ることができます。

Cansell出品通知

引用:Cansell公式サイト

 

登録無料なので、ぜひ登録して出品通知機能を活用しましょう!

 

一休

 

高級ホテルや旅館の予約で有名な予約サイト「一休」です。

一休には予約サイトでは珍しい空室待ち機能があり、これを活用することでキャンセルをすぐに察知できます。

 

また空室待ち機能の中で「空室待ち自動予約」機能があります。リクエスト条件に合う新たな空室が出た場合に、自動で予約を確保してくれる機能です。

「空室待ち自動予約」機能を利用する手順は、一休の公式サイトに記載があるので参考にしてください。

 

空室待ちの方法:一休公式サイトページ

 

宿の空き待ち

 

宿の空き待ち」は、空室待ちを代行してくれる宿泊先予約監視サービスです。

 

楽天トラベルに掲載している宿泊施設はほぼ対象になっているので、一休よりは対象施設数は多いです。

こちらも無料で出来るサービスなので、活用してください。

 

登録には、フレンド(フォロワー)が5人以上いるTwitterかFacebookのアカウントが必要なので注意してください。

 

 

まとめ:予約が取れなくても諦める必要はない!

 

泊まりたいホテルや旅館の予約が埋まっていても諦める必要はないです。

予約されてもキャンセルされる可能性があるので、キャンセル待ちをして予約するチャンスを狙いましょう。

 

キャンセル待ちは、自分自身でチェックする方法とサイトを活用する方法があります。

 

自分自身でも定期的にチェックしてもいいですが、サイトを利用すると通知機能や自動予約機能があるので、サイトの活用がおすすめです。

予約の売買サイトの「Cansell」と予約サイトのキャンセル待ちができる「一休」「宿の空き待ち」を併用すると予約できる確率もあがるので試してください。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!