【黄金期から暗黒期へ】アーセナルの歴代監督紹介

アーセナルの歴代監督をまとめました!

 

アーセナルは、1990年代後半から2000年代前半にアンリ選手を中心に黄金期を過ごしました。

その黄金期を率いていたのが、アーセン・ヴェンゲル監督です。

 

ヴェンゲル監督は、名古屋グランパスの監督もしていたことから日本のサッカーファンには馴染みのある監督ですが、アーセナルを率いて多くのタイトルを獲得しました。

 

しかし、2000年後半以降は少しずつ成績が下降していき、2016年以降はリーグ戦で4位以内に入ることもできずチャンピオンズリーグの出場も止まっています。

 

ヴェンゲル監督も長期政権を務めましたが2018年に退任され、監督交代をして現在に至ります。

 

この記事では、アーセナルの歴代監督を紹介していきます。

アーセナルの黄金期以降の監督成績をチェックしてください!

 

 

この記事では1996年に就任したアーセン・ヴェンゲル監督以降にアーセナルの監督を務めた人物を紹介していきます。

 

アーセン・ヴェンゲル

Embed from Getty Images

任期1996-2018
成績1235試合
(707勝/280分/248負)
タイトルプレミアリーグ:3回
FAカップ:7回
FAコミュニティ・シールド:7回

 

ウナイ・エメリ

Embed from Getty Images

任期2018-2019
成績78試合
(43勝/16分/19負)
タイトルなし

 

ミケル・アルテタ

Embed from Getty Images

任期2019-
成績情報なし
タイトルFAカップ:2回
FAコミュニティ・シールド:2回

 

まとめ

 

アーセナルの監督と言えば、ヴェンゲル監督を想像する人が多いのではないでしょうか。

実際22年間も監督を務めていたので、残した実績だけでなく、チーム関係者や選手からの信頼が大きかったのでしょう。

 

アーセナルは日本人選手も数名所属をしてきたので、日本のファンも多いチームだと思いますが、ヴェンゲル監督退任以降は苦しい期間を過ごしてきているので、ファンが歓喜できる瞬間が早く来てほしいですね。

 

現在のアルテタ監督は、最低限の結果は出しているので、今後戦術や新戦力がフィットしてくれば、チャンピオンズリーグの出場権も獲得できるチームになっていくと思います。

プレミアリーグは強豪クラブが多いので険しい道ですが、監督交代せずにアルテタ監督に期待していきましょう!

アーセナル歴代監督アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!