【エースナンバー】マンチェスターユナイテッドの7番【歴代選手紹介】

イングランドプレミアリーグで最多優勝を誇るマンチェスターユナイテッドには、伝統の背番号が存在します。

 

それが『背番号7番』です。

 

ベッカムやクリスティアーノロナウドなど、海外サッカーに詳しくない人も知っているようなスーパースターに託される伝統の背番号で、マンチェスターユナイテッドで背番号7番を渡された選手は、チームから大きな期待を寄せられている証拠です。

 

歴代の7番を着用したすべての選手が期待に応えられたわけではなく、非難を浴びて退団をした選手もいます。

 

この記事では、伝統の背番号7番を受け継いできた男たちを紹介していきます。

マンチェスターユナイテッドがこれまでどのような選手に期待をしてきたかがわかりますので、ぜひチェックしてください!

 

 

この記事では、プレミアリーグが発足した1992年以降にマンチェスターユナイテッドの背番号7番を着用した選手を紹介していきます。

 

1990年代の歴代7番

 

7番を伝統の背番号にした男

エリック・カントナ

Embed from Getty Images

所属年数5年
(1992-93~1996-97)
出場試合数185試合
得点82ゴール
獲得タイトルプレミアリーグ:1992-93, 1993-94, 1995-96, 1996-97
FAカップ:1994, 1995
コミュニティーシールド:1993, 1994, 1996

※マンチェスターユナイテッド在籍期間全体での成績です

 

伝統の背番号を引き継いだ超絶イケメン

デイビッド・ベッカム

Embed from Getty Images

所属年数11年
(1992-93~2002-03)
出場試合数389試合
得点83ゴール
獲得タイトルプレミアリーグ:1992-93, 1993-94, 1995-96, 1996-97
FAカップ:1994, 1995
コミュニティーシールド:1993, 1994, 1996

※マンチェスターユナイテッド在籍期間全体での成績です

 

2000年代の歴代7番

 

バロンドールに到達したユナイテッド歴代最高のプレーヤー

クリスティアーノ・ロナウド

Embed from Getty Images

所属年数6年
(2003-04~2008-09)
出場試合数292試合
得点118ゴール
獲得タイトルプレミアリーグ:2006-07, 2007-08, 2008-09
FAカップ:2003-04
フットボールリーグカップ:2005-06, 2008-09
FAコミュニティ・シールド:2007, 2008
UEFAチャンピオンズリーグ:2007-08
FIFAクラブワールドカップ:2008

※マンチェスターユナイテッド在籍期間全体での成績です

 

重圧の背番号を受け継いだ男

マイケル・オーウェン

Embed from Getty Images

所属年数3年
(2009-10~2011-12)
出場試合数49試合
得点16ゴール
獲得タイトルプレミアリーグ:2010-11
フットボールリーグカップ:2009-10
FAコミュニティ・シールド:2010

※マンチェスターユナイテッド在籍期間全体での成績です

2010年代の歴代7番

 

重圧に耐えられなかった男

アントニオ・バレンシア

Embed from Getty Images

所属年数10年
(2009-10~2018-2019)
出場試合数338試合
得点25ゴール
獲得タイトルプレミアリーグ:2010-11, 2012-13
フットボールリーグカップ:2009-10, 2016-17
FAカップ:2015-16
FAコミュニティ・シールド:2010, 2011, 2013, 2016
UEFAヨーロッパリーグ:2016-17

※マンチェスターユナイテッド在籍期間全体での成績です

 

失敗のレッテルを張られてしまった男

アンヘル・ディ・マリア

Embed from Getty Images

所属年数1年
(2014-15)
出場試合数32試合
得点4ゴール
獲得タイトルなし

※マンチェスターユナイテッド在籍期間全体での成績です

 

ポテンシャルは高いが結果を出せなかった男

メンフィス・デパイ

Embed from Getty Images

所属年数2年
(2015-2016~2016-2017)
出場試合数53試合
得点7ゴール
獲得タイトルFAカップ : 2015-16
FAコミュニティ・シールド : 2016

※マンチェスターユナイテッド在籍期間全体での成績です

 

期待を裏切り続けた給料泥棒

アレクシス・サンチェス

Embed from Getty Images

所属年数2年
(2017-18~2018-19)
出場試合数46試合
得点6ゴール
獲得タイトルなし

※マンチェスターユナイテッド在籍期間全体での成績です

2020年代の歴代7番

 

負の連鎖を止めた英雄ストライカー

エディソン・カバーニ

Embed from Getty Images

所属年数1年
(2020-21)
出場試合数39試合
得点17ゴール
獲得タイトルなし

※マンチェスターユナイテッド在籍期間全体での成績です(2021年8月時点まで)

 

2021年9月追記 
クリスティアーノロナウドが復帰して7番着用が決定しました!
21-22シーズンは、背番号7番で圧倒的な結果を期待できそうです。

 

まとめ

 

華々しい1990年と2000年代、暗黒期の2010年代と結果が如実に表れています。

 

2010年代に着用した選手もポテンシャルはワールドクラスの選手がほとんどですが、残念ながらマンチェスターユナイテッドでは活躍ができませんでした。

何か見えないプレッシャーがあるのかもしれません。

 

そして、20年代は暗黒期を抜け出せるのか楽しみですが、カバーニが活躍しているので抜け出す兆候が見えています。

復帰したクリスティアーノロナウドが着用と新しい時代が訪れる予感がプンプンしているので、今後どの選手が7番を受け継いでいくか大注目です!

 

背番号にはクラブの想いが詰まっているので、背番号にも注目していくと、よりプレミアリーグを楽しむことができるので、ぜひ注目してみてください!

マンチェスターユナイテッド背番号7番アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!