【SPGアメックス】家族カードのメリットが少ない理由を解説

SPGアメックスの家族カードを発行するメリットってなに?
本会員カードと家族カードのどちらが良いの?

 

こんな悩みに答えていきます!

 

SPGアメックスは年会費が高いので、年会費を支払う価値があるかを判断して所有するかを検討する必要があります。

 

これは家族カードを発行する場合でも同じです。

 

SPGアメックスの家族カードも年会費が発生します。

基本カードと家族カードで得られる恩恵の違いをしっかり理解したうえで、家族カードを発行するかを決めることが大事です。

 

結論、私の意見は「家族カードはおすすめしない」です。

 

おすすめできない理由は、SPGアメックスの主要メリットが受けられないからです。

主要メリットとは「無料宿泊特典」と「MarriottBonvoyのゴールドエリート会員資格」です。

 

SPGアメックスの家族カードは年会費17,050円(税込)と高額です。他のゴールドカード並の年会費です。

無料宿泊やMarriottBonvoyのゴールドエリート会員の特典がつかない家族カードを、年会費17,050円(税込)を支払って発行するメリットはないと結論になりました。

 

誤解を招かないように伝えておきますが、家族カードが絶対にダメだと言うことではないです。

2つの特典が不要であれば家族カードを発行して良いと思いますが、私にとっては重要なポイントなので家族カードはおすすめできないと考えました。

 

この記事では、家族カードで得られる恩恵を踏まえて、家族カードがおすすめできない理由をまとめました。

夫婦で所有を検討している方は参考にして下さい。

 

この記事でわかること 
・家族カードで受けられる特典内容
・家族カードがおすすめできない理由
・家族内で2枚目を作りたいときのおすすめの方法

 

 

SPGアメックスとは

 

SPGアメックスの詳細を説明すると長くなるので、ここでは概要だけを紹介します。

SPGアメックスは、ホテルチェーンのSPGとアメリカン・エキスプレスが提携したホテル系クレジットカードです。

 

年会費は税込みで34,100円とクレジットカードの年会費としては割高ですが、ゴールドカードの扱いとなります。

さらに特典やポイント還元が年会費を超えるほど充実していることから、旅行好きや陸マイラーから圧倒的な人気を誇っています。

 

ここでは、主要なSPGアメックスの特典を3つだけ紹介します。

 

Marriott Bonvoyグループのゴールドエリート会員資格の取得

 

マリオットボンヴォイとSPGアメックスのロゴ

 

SPGアメックスを所有すると、Marriott Bonvoyグループのゴールドエリート会員資格が自動で付与されます。

 

ザ・リッツ・カールトンやセントレジス、ラグジュアリーコレクションなど、世界130の国と地域で、6,700軒以上のホテルで上級会員(ゴールドエリート)として宿泊することができます。

ゴールドエリート会員の特典として、部屋のアップグレードや、レイトチェックアウト(14時まで)、ホテル内の系列店での飲食代が割引などのメリットがあります。

 

年会費更新時に無料宿泊特典の付与

 

年会費を更新するたびに、Marriott Bonvoyグループのホテルに無料で宿泊できる「無料宿泊特典」が付与されます。

 

世界各国からホテルを選べるので、海外旅行のときに使うこともできますし、もちろん国内のホテルで利用することもできます。

この無料宿泊特典だけで、年会費の元が取れるため、ホテル好きから大人気です。

 

私もメインカードとして愛用しており、ザ・リッツ・カールトン日光の宿泊に利用しました。

1泊2名で10万以上の宿泊料になるので、かなりお得なホテル宿泊が出来ました。

 

 

空港ラウンジが利用可能

 

空港のラウンジアクセスが国内外で29か所の空港で可能です。

 

同伴者も1名までは無料なので、追加料金なしで同伴者とラウンジで時間を過ごすことができます。

当日の搭乗券を持っていれば、ラウンジを利用できますので、嬉しい特典の一つです!

 

SPGアメックスが利用できるラウンジ 
SPGアメックスカードで利用できる空港ラウンジ

 

SPGアメックスカードを持っていない方で入会を検討している方は、紹介制度を利用した入会がお得です。

入会特典で入会後3ヶ月以内に年会費除く10万円以上のカード利用で30,000ポイントもらえます。所有者から紹介してもらうことで追加で6,000ポイントもらえます。
招待希望の方はページ下部の「SPGアメックス紹介希望フォーム」から連絡をして頂ければ紹介リンクが自動返信されます。

 

SPGアメックスの家族カードが発行できる条件

 

家族カードが発行できる年会費や条件について、紹介をしていきます。

 

年会費は17,050円(税込)で、基本カードの年会費のちょうど半分です。

半額とはいえかなり高額です。

 

家族カードに入会できるのは、原則的には基本カード会員の配偶者・ご両親・18歳以上の子どもです。

18歳未満の子供への家族カードを発行する場合は、特別申込書に記入をすることで発行が出来ます。発行したい方はコールセンターへ問い合わせしてください。
※14歳以下のお子様への家族カード発行はできません

コールセンター
0120-020-444
通話料無料/9:00-21:00/土日祝休

 

家族カードを発行できる枚数は最大6枚です。

申し込みできるのは基本カード会員からの申請で、家族カードも基本カード会員宛に送付されます。

 

SPGアメックスの家族カード発行で得られる恩恵

 

アメリカン・エキスプレスが公表している家族カードを発行するメリット(恩恵)は次の通りです。

・ポイントが合算されるのでポイントが貯まりやすい(ポイント付与率も基本カードと同じ)
・保険サービスやショッピング・プロテクションが付帯している
・トラベル・サービス(手荷物無料宅配サービスと空港ラウンジ)
・家族間の出費(家計)を管理しやすい
・基本カード会員はアプリ上で利用状況をチェックできる(家族会員は自分自身の利用状況のみを確認できる)
・基本カード発行と比べ年会費を抑えられる

このサービスで、年間17,050円払うことをどのように感じますか。

私は高いと感じました。

 

はっきりしている点は、アメリカン・エキスプレスが提供しているサービスは付帯されるけど、MarriottBonvoyが提供している特典は付帯されないことです。

 

メリットの一番上にある「ポイントの合算」について補足すると、MarriottBonvoyグループの会員同士であればポイントの受け渡しは出来ます。

そのため家族カードでなくてもポイント合算できるので、家族カードだけのメリットではないです。

 

SPGアメックスの家族カードをおすすめできない理由

 

おすすめできない理由は、MarriottBonvoyの特典が付帯されないからです。

 

MarriottBonvoyの特典は「無料宿泊特典」と「MarriottBonvoyグループのゴールドエリート会員資格」です。

SPGアメックスを発行した方の多くは、この2大特典の恩恵を受けるために年会費を払っています。この特典がないだけでSPGアメックスの魅力はかなり失われています。

 

年会費が半額になったところで、MarriottBonvoyの特典を受けられなければ発行する魅力は少ないですよね。

 

SPGアメックス2枚目は家族カードより本会員カードを推奨

 

SPGアメックスを家族で2枚以上持ちたい場合は、本会員カードを新たに発行することをおすすめします。年会費34,100円(税込)が発生しますが、それでも本会員カードの発行をおすすめします。

 

おすすめする理由は次の3点です。

・無料宿泊特典が付く
・MarriottBonvoyグループのゴールドエリート会員資格を取得できる
・紹介経由での発行でポイントを取得できる

 

無料宿泊特典が付く

 

SPGアメックスの目玉特典である無料宿泊特典でもう1泊できることになります。

 

夫婦で所有することで毎年2泊分宿泊ができます。

お子さんがいる家庭では、2部屋予約してもお金が掛かりません。お子さんがいない夫婦の場合は2泊連続で同じホテルに泊まることも出来ますし、違う時期に別のホテルで利用することもできます。

 

MarriottBonvoyグループのゴールドエリート会員資格を取得できる

 

本会員カードの発行時にMarriottBonvoyのゴールドエリート会員資格が付与されるので、家庭内で2名ゴールドエリート会員がいることになります。

 

家族カードを発行した場合、お子さんがいる家庭では2部屋予約してもゴールドエリート会員が予約した部屋だけ会員特典であるアップグレードやレイトチェックアウトの恩恵が受けられます。

もう1部屋はアップグレードもなく、チェックアウトも定刻なのでサービスに差が出てしまいます。

 

お子さんがいる家庭では、夫婦がともにゴールドエリート会員の方がメリットは大きいです。

 

紹介経由での発行でポイントを取得できる

 

家族カードを発行しても、基本カード会員や家族会員にポイントは付与されませんが、基本カードを発行する場合は紹介制度を利用してポイントの獲得が出来ます。

 

入会ポイントのまとめ表

 

紹介制度を利用すると、紹介する側は30,000ポイント紹介される側は6,000ポイントもらえます。

入会ボーナスの30,000ポイントと合わせると66,000ポイントもらえることになります。

 

60,000ポイントあれば、ザ・リッツ・カールトン大阪やウェスティンホテル東京など、カテゴリー7のホテルにポイントで泊まれます。

家族カードの発行ではポイントがもらえないことを踏まえると、紹介制度を利用して基本カードを発行する方が圧倒的にお得です。

 

専業主婦でも本会員カードは発行できる

 

専業主婦の方だと、アメックスのカード発行が難しいのではと不安になるかもしれません。

 

SPGアメックスのカード申請では、専業主婦の方は世帯収入でカード申請をすることができます。

専業主婦の方でもカードを所有している方はたくさんいますので、安心して本会員カードの申請をして下さい。

 

SPGアメックスの審査を通過するためのポイントをまとめてますので、申請をする方は合わせて読んでください。

 

 

まとめ

 

家族内でSPGアメックスの2枚目の発行を検討するなら、家族カードではなく本会員カードの発行をしましょう。

 

SPGアメックスの家族カードのポイント

・年会費は17,050円(税込)
・アメリカンエキスプレスの特典は受けられるが、MarriottBonvoyグループの特典が受けられない
・SPGアメックスの主要特典である「無料宿泊特典」と「MarriottBonvoyグループのゴールドエリート会員資格」の特典が受けられない

この点から年会費に対しての恩恵が少ないので家族カードの発行はおすすめできません。

 

新しくカードを発行するなら紹介制度を利用して本会員カードの発行がおすすめです。

 

入会ポイントのまとめ表

 

紹介制度を利用すると66,000を取得できるので、カテゴリー7のホテルにポイント宿泊が出来ます。

家族でSPGアメックスを複数持つときは、本会員カードの発行で恩恵を最大限活用しましょう!

 

この記事を読んでくださった方で、まだSPGアメックスを所有していない方は、紹介制度を利用した入会がお得です。

入会特典で入会後3ヶ月以内に年会費除く10万円以上のカード利用で30,000ポイントもらえます。所有者から紹介してもらうことで追加で6,000ポイントもらえます。
招待希望の方はページ下部の「SPGアメックス紹介希望フォーム」から連絡をして頂ければ紹介リンクが自動返信されます。
最後まで見てくださりありがとうございました!
最新情報をチェックしよう!